「クィア・アイin Japan」~究極の癒しは自分を許すこと~


ネットフリックスの「クィア・アイin Japan」を3/4観ました。(クィアとはQueerという英語で「奇妙な・風変わりな」と言う意味、現在は性的マイノリティ―を肯定的に総称することばだそうです。Wikipediaより)
いや~、ネットフリックス、侮れない。
ファブ5、すごい! “「クィア・アイin Japan」~究極の癒しは自分を許すこと~” の続きを読む

映像の世紀プレミアム(16)「オリンピック 激動の祭典」


映像の世紀プレミアム(16)「オリンピック 激動の祭典」NHKBSプレミアムで観ました。
さすがNHK、貴重な映像の数々、まさにオリンピックの歴史を観た気がしました。
金栗四三の映像、ヒトラーのベルリンオリンピック等々、でも何よりも印象的だったのは、メキシコオリンピックの「ブラックパワー・サリュート」です。 “映像の世紀プレミアム(16)「オリンピック 激動の祭典」” の続きを読む

香港への郷愁



5月が今日で終わります。
コロナで一変した生活がこれから少しづつ日常を取り戻してゆくのでしょうか。
いずれにしても、今までような無防備な生活は永久に去った気がします。(もちろん、ワクチンができてコロナが撲滅できればという希望は捨てられないけど) “香港への郷愁” の続きを読む

中国にまつわる個人的な話


ドラマとは離れた話ですが、個人的に中国という国に興味があります。
ハングルよりも北京語はキレイだと思うし、自分の父親が「中国」で生まれていて、戦後親戚が「中国」から引き揚げてきたり、最初の海外旅行が1980年代前半の中国だったり、と「縁」を感じていると言った方が良いかもしれません。 “中国にまつわる個人的な話” の続きを読む

世界は主役だけでは成り立たない~脇でひかる方法~


楽しいドラマを継続して追求しています。
で、「力の強い女ト・ボンスン」。
第1話は見逃してしまったのですが、なかなか面白い。
何より、主演のボンスン演じるパク・ボヨンがとてもかわいい。
「上流社会」で注目したパク・ヒョンシクもいい! “世界は主役だけでは成り立たない~脇でひかる方法~” の続きを読む

60の手習いについて考えてみた



歳をとると何か習い事をしたくなる、という気持ちが沸いてくるようです。
例外にもれず、私も昨年から「ヨガ」と「お習字」を習い始めました。
そんなこともあり、「カルチャースクールカースト」という言葉があることも最近知りました。

ちらっと記事を読むと、「シャンソン教室」で古参の人から「あなたは口パクでいい」と言われたとか、「ヨガ教室」で出来ないポーズばっかりで、逆にストレス をためて辞めたとか。
習い始めた者としてその気持ち、すごくわかる~。 “60の手習いについて考えてみた” の続きを読む

昭和の不倫


東出と唐田えりかの「寝ても覚めても」がWOWOWで2月19日に放送するらしい。
動画配信が増えて、WOWOWの加入が下火になった今、「起死回生」を図っている?とか。
いえ、「寝ても覚めても」だけで加入するかな?
Amazonプライムビデオでもレンタルで400円で見られるようです。 “昭和の不倫” の続きを読む