キム・ソンホから考えること



一気に視聴するドラマがない中、10月が終わろうとしています。
今現在、ネットフリックスの「恋慕」を観ているくらいです。
さんざん世間を騒がせた「海街チャチャチャ」に主演していたキム・ソンホの話題は出尽くした感があり、何かまた世間は話題を見つけてゆくのだと思います。 “キム・ソンホから考えること” の続きを読む

第57代ニューヨーク知事としての責任を負う準備は十分にできている


ニューヨーク州、キャシー・ホークル副知事「第57代ニューヨーク知事としての責任を負う準備は十分にできている」

という記事を目にしました。カッコいい。

“第57代ニューヨーク知事としての責任を負う準備は十分にできている” の続きを読む

「よりよい社会を」~脱オッサンず~

この写真はモデルさん達ではありません。フィンランドの閣僚の写真です。右から2番目の方は、首相のサンナ・マリン。
この写真は言わずと知れた我が国の面々。時代は2020年代と大政奉還直後の明治時代1860年代って感じ。(いや、もっと若い人たちが大勢いたはず)もはや絶望しかないこの写真の比較。 “「よりよい社会を」~脱オッサンず~” の続きを読む

岸田さんの写真



岸田さんと奥さんの写真が話題です。
いや~、昭和はまだ終わってないことを証明したと思います。
(決して好感は持っていないけど)一人で犬抱いて「ステイホーム」をアピールした安倍晋三の写真がはるかにましだった。(違った意味でバッシングされたけど) “岸田さんの写真” の続きを読む

8月6日



下記URLの記事を書いた方の本です。

8月になるとこうした記事が目に付くようになるのですが、今更ながら戦時下の日本という国の「罪深さ」を感じるし、今の国も似ている、言い切るこの方の言いたいこともよくわかります。
しかし、衝撃的な記事です。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74565

なにをもってして「恐れるに足りない」と断言できるのだろう。 “8月6日” の続きを読む

「クィア・アイin Japan」~究極の癒しは自分を許すこと~


ネットフリックスの「クィア・アイin Japan」を3/4観ました。(クィアとはQueerという英語で「奇妙な・風変わりな」と言う意味、現在は性的マイノリティ―を肯定的に総称することばだそうです。Wikipediaより)
いや~、ネットフリックス、侮れない。
ファブ5、すごい! “「クィア・アイin Japan」~究極の癒しは自分を許すこと~” の続きを読む

映像の世紀プレミアム(16)「オリンピック 激動の祭典」


映像の世紀プレミアム(16)「オリンピック 激動の祭典」NHKBSプレミアムで観ました。
さすがNHK、貴重な映像の数々、まさにオリンピックの歴史を観た気がしました。
金栗四三の映像、ヒトラーのベルリンオリンピック等々、でも何よりも印象的だったのは、メキシコオリンピックの「ブラックパワー・サリュート」です。 “映像の世紀プレミアム(16)「オリンピック 激動の祭典」” の続きを読む