「エール」が突きつけたものとは。



キッチリ視聴しているわけではないのだけれど、9月に放送を再開した「エール」。
「長崎の鐘」の今週、山場だったような気がします。
恩師を目の前で亡くし、自分の作った「軍歌」で多くの人が亡くなったと作曲が出来なくなった先週の暗闇からのやっと明るい兆しです。 “「エール」が突きつけたものとは。” の続きを読む

「アンというなの少女」~原作との違い~



「アンという名の少女」NHKで4話まで放送終了。
出だしちょっとつらいかな、と思っていたのだけど、マシューとマリラのアンへの愛情が伝わってきて、それに救われるようになってきました。 “「アンというなの少女」~原作との違い~” の続きを読む

「サバイバー」韓国版のすごさ!



いろいろなドラマに埋もれてしまっていて、何が何だかわからない状態。
流石に「愛の不時着」に対する執着は薄くなってきた。
もちろん、リ・ジョンヒョクへの熱い思いは存在するけれど・・・・・・ “「サバイバー」韓国版のすごさ!” の続きを読む

「サバイバー60日間の大統領」~ソン・ソックの発見!~



人に薦められて見始めたネットフリックスの「サバイバー60日間の大統領」
あのジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランド主演の「サバイバー宿命の大統領」の韓国版です。
主演はチ・ジニ。 “「サバイバー60日間の大統領」~ソン・ソックの発見!~” の続きを読む

「アンという名の少女」と「赤毛のアンの秘密」(小倉千加子)



NHK日曜日放送の「100日の郎君」が終わってから「アンという名の少女」が始まりました。
L.M.モンゴメリー好きの私としては、原作との違いも気になり視聴し始めたのですが、原作からユーモアを取り除き、リアルを追求したらこうなるのかという「ハード」なものになっていてちょっと驚きました。 “「アンという名の少女」と「赤毛のアンの秘密」(小倉千加子)” の続きを読む

「小泉進次郎に期待すること」



公人が「家庭の写真」をSNSにあげるのは難しい。
その切り取り方で、いろんなことが見えてしまい露形される。
一般市民の穿った見方がそうさせるということが大きいのだけど、その落とし穴に落ちない「スマートさ」が求められる。
その「smart」がなかったのが岸田さん。 “「小泉進次郎に期待すること」” の続きを読む

岸田さんの写真



岸田さんと奥さんの写真が話題です。
いや~、昭和はまだ終わってないことを証明したと思います。
(決して好感は持っていないけど)一人で犬抱いて「ステイホーム」をアピールした安倍晋三の写真がはるかにましだった。(違った意味でバッシングされたけど) “岸田さんの写真” の続きを読む

「愛の不時着」~my favorite scene➁~



ネット記事に「愛の不時着」の大ヒットで、日本女性がヒョンビンみたいなイケメン&守ってくれる&優しい男子と付き合いたいという韓国男性崇拝のブームがやってきているらしい、ということが書かれていました。
主旨は「ヒョンビン(のような男性)は韓国に行ってもいません」というものですが、そんなことは知っている!!と言いたい。 “「愛の不時着」~my favorite scene➁~” の続きを読む

「愛の不時着」~my favorite scene~



「愛の不時着」好きなシーンはどこか?と問われたら、(当たり前だけど)数々あります。
ざっと時系列順に行くと、①ユン・セリが辿り着いたと思った南の村がまだ北のままで、立ち尽くしていると、ジョンヒョクがさっと自分の身体でセリを隠し、チョルガンの車をやり過ごすところ。ジョンヒョクの身体の大きさを堪能できる。
そしてこのときは無意識だったのですが、これからセリを「守る」という数々の行為の記念すべき1回目。
一番最初の木から落ちたセリを抱き留めたシーンは「笑い」の要素が強かった。(好きだけど) “「愛の不時着」~my favorite scene~” の続きを読む